2010年10月17日

雄弁な国へ

まずおすすめリンク→トリマー 独立


中国の国家的な不法侵入、恐喝、詐欺、誘拐行為に対し、

結局なすすべなく、完敗した日本国。

おそらく民主党政権じゃなくても勝つことはできないでしょう。

問題はこのまま、ペラペラと中国が喋っている事が、

世界的に正しい事、もしくは領土問題があるということが

認識されてしまう事が問題なのです。

尖閣諸島に領土問題はありません。それは正しいのですが、

ただオウムのようにその言葉を繰り返しているだけでは、

世界は分かってくれません。

察するという国民性を持つ国はほかにありません。

言葉できちんと説明することが必要です。

何故領土問題が存在しないのかを

世界中に分かりやすく発信する必要が絶対にあるのです。

それをしなければ、いずれイカレタ中国人が

いずれ上陸してきます。

それをきっかけに竹島の様に、実効支配され、

強奪されてしまいます。

どこをどう考えても、尖閣諸島、竹島、北方領土は

日本の領土です。

中国の国家に我々の常識は通用しません。

彼らは禁断のカードを今回使い始めています。

日本の経済の首根っこを捕まえられていますから、

脅すのは簡単なことです。

日本企業にお願いしたいのは、一刻も早く、

中国依存体質を脱出し、中国との関係がなくても

生きていけるような状態に持っていかねばなりません。

リスクは分散することをぜひ考えて欲しいですね。


こちらもどうぞ→美浜区 アレルギー


posted by 向日葵 at 18:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。