2011年08月16日

気軽に救助隊

まずおすすめリンク→セラムデュー・クレンジング


日本全国で同じことが言えるようなのですが、

今年の夏の静岡県内の富士登山で

山岳遭難救助隊の出動回数が過去最悪のペースで

進んでいることが明らかになりました。



以前から言われている事ですが、

携帯電話の普及と高齢者の登山ブーム、

また知識、経験の無さによる準備不足などから、

まるでタクシーでも頼むような感覚で

助けを呼ぶ輩が増えているようです。

何だか、救急車を呼ぶ状態と似ていますが、

とにかく手前勝手な人が多すぎます。

特に老人のタチの悪さが目立つようです。

しかも一番頭に来るのが、お金がかかると分かると

「じゃあ自力で降ります」という人が本当に多いのだそう。



山登りはしょせん趣味です。

呼ばれる方はたまったもんじゃありません。

登山ブームでワイワイのぼってくる老人は

ご遠慮願えませんかね。



こちらもどうぞ→ラクトフェリンの効果


posted by 向日葵 at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。