2011年10月23日

野田首相はYESマンのようです

まずおすすめリンク→ウーマシャンプーの口コミ


9月末、アメリカのオバマ大統領は、野田佳彦首相との

首脳会談に際し、「普天間基地移転問題の解決」、

「TPPへの交渉参加」、「牛肉輸入緩和」の三つを強く求めました。

その結果、アメリカ産の牛肉輸入の規制が緩和されそうです。



焼肉業界は、BSE事件以来、非常に厳しい道のりを辿っています。

とどめが、ユッケ問題とセシウム問題です。

しかし、このアメリカ産の牛肉輸入の規制が緩和されれば、

絶対量が増えて、価格も安くなり、また活気づいてくるのではと

関係者は喜んでいるようです。



実際に安全はどうなるのでしょうか。

一応、アメリカでも肉骨粉を使った餌の使用は禁じられるようになり、

独自の安全基準を設けている大手企業もあります。

しかし、本当に安全なのかと言ったら、かなり疑問です。

結局、野田首相がアメリカの圧力に屈しただけのようです。

色々といい訳をするでしょうが、それ以外に理由づけはできません。

韓国に行っても土産を持っていっただけですし、

この内閣も外交にならないようで、

非常に日本の先行きは不安でいっぱいです。


こちらもどうぞ→ひつじの安眠枕

posted by 向日葵 at 06:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。