2012年01月07日

尖閣は一刻も早く自衛隊駐留を

まずおすすめリンク→コラーゲン ペプチド


尖閣諸島の魚釣島に石垣市議が上陸しましたが、

彼らは国が何もやらないから、やってくれているだけです。

ワイドショーにのほほんと出演している

アホな評論家の中には、この市議らを

非難している人もいましたが、大馬鹿者です。

国がのんびり構えている間に、

中国は着々と計画を実行しています。

まずは、一刻も早く国有化することが重要です。

仮に今の地権者が、難癖付けるようでしたら、

強制収用してでも国有化し、自衛隊の駐留をしなければ

なりません。

今のように、先延ばしにしていると必ず、

中国は強制的に乗り込んできます。

領土問題というのは戦いです。

のんびりした方が負けなのです。

領土問題は存在しないと言っていれば安心なんて

思っているアホな政治家はすぐにでも辞めてほしいですね。



本当に時間が無いのです。

中国は姑息な国ですから、必ず様々な手段で奪いに来ます。

韓国のように勝手に乗り込んできて軍事施設を作り、

歴史を平気で改ざんし、それを当然のように子供の頃から

教育し、洗脳し、信じ込ませます。

韓国を見れば分かります。




北方領土は、帰ってくるチャンスをミスミス逃し、

竹島は強奪され、この2つはもう2度と帰ってきません。

この2回の失敗を教訓にして、

尖閣諸島は死ぬ気で守ってもらわなければ困ります。

形上の実効支配ではなく、物理的な実効支配をしなければ

意味はありません。

あの首相に行っても無駄でしょうが、

誰か一人くらいまともな奴はいないのでしょうか・・・



こちらもどうぞ→どろあわわお試し情報

posted by 向日葵 at 05:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。